セミナーのご案内
山崎隆のニコマコス倶楽部
鉄道の歴史からたどる山崎隆の都市文明講座
山崎隆の不動産と相続の教養講座
山崎隆のハッピー・リッチCafe
山崎隆の虚実妄言
財営コンサルティング株式会社
〒101-0047
東京都千代田区内神田3-24-4-901
TEL:03-5289-8861 FAX:03-5289-8862

書籍・DVD

出版物一覧へ戻る

日本人のための投資哲学 安心の財産形成術
-人生設計と資産運用はバランスシートで思考しなさい-

日本人のための投資哲学 安心の財産形成術ファーストプレス 2012年刊 定価 1,600円+税
*本書のご購入は、アマゾン(amazon.co.jp)にて承っております。

内容説明
財産形成で成功するための
12のポイント
・投資とは、バランスシートの改善と知ること。
・人生設計とは、バランスシートの設計と知ること。
・資産家とは、時価ベースで、純資産が大きい人と知ること。
・財産形成の要諦とは、流動的な資産の比率を上げることと知ること。
・同じく、自己資本の比率を上げることを知ること。
・優良資産とは、時価が安定している資産と知ること。
・同じく、キャピタルゲインが見込める資産と知ること。
・不動産の資産価値は、鑑定理論を使って見極めること。
・不動産の将来性は、街の将来性次第であると知ること。
・財産形成には、正しいシナリオと順番があると知ること。
・仕組みや利害関係が不明確な投資話(=投機)には乗らないこと。
・ゼロサムゲームのマーケットには手を出さないこと。

購入する

目次
はじめに
  • 投資をしても、お金持ちになれない
  • 人生設計とは、長期的なバランスシートの設計であり、投資とは、バランスシートの改善行為である
  • 古典的な投資理論は不滅である
第1章  人生の設計図は、個人バランスシートで描きなさい
  • バランスシート(貸借対照表)とは何か?
     財産の健康状態を分析する道具として
     なぜ人生設計にバランスシートが役に立つのか?
     着眼点は流動性という重要概念から
     大原則は「売れそうもない資産は所有するな」
     住宅ローンは固定負債
     自己資本と純資産は一種の幻想である
  • 問題解決の第一歩は問題発見から
     借金漬けの投資家が蟻地獄に陥るメカニズムを検証する
     悠々自適なお金持ちの必要十分条件とは?
     "お金持ち"の定義なくして"お金持ち"にはなれない
     問題が発見できれば問題は解決できる
  • 理想の人生をバランスシートで描く
     「未来予想図」をバランスシートで描いてみる
     出口戦略とは、流動性の維持ということ
     簿価と時価を混同するな
     時価会計で未来予想図を描けるか
     失敗の主因は不動産
     不動産の時価を見極める知識を
第2章  財産形成は時価会計で思考しなさい
  • 家計簿は時価会計で記帳しなさい
     不動産の適正価格と幻想価格を混同しないこと
     未来の環境変化で絶滅しないために
     短期決戦型の経営理論に騙されないこと
     最悪の事態を、動的、時系列的に想定しなさい
     「自己資本の比率」と「流動資産の比率」は「時価」で変わる
     バランスシート分析の鍵は、不動産の鑑定理論にあり
     一般庶民がマイホーム購入で失敗をすると、敗者復活は不可能
     あなたの財産は「幻想」かもしれない
     適正価格と幻想価格のギャップを推定する方法
     比準価格(取引事例比較法)
     収益価格(収益還元法)
     積算価格(原価法)
     不動産の資産価値の根拠は「街」プラス「土地&建物」
     限定価格(地縁利益加算法)
     不動産鑑定理論の弱点は「未来予測」
  • 街の未来と不動産の価格を予測する方法
     街の未来は、どう予測するのか?
     キャピタルゲインが得られる不動産を
     歴史的な文脈で定量分析を
     統計の最大の効用とは、仮説の証明
     嘘でない歴史を知ることの重要性
     軍需産業が衰えると、国力や経済力も衰える
     キーワードは「戦争」
     日本を豊かにした技術
     貧困層の人口が増えても不動産価格は上昇しない
     街の盛衰は、地政学と地質学で予測できる
     リスクが数値化できる鑑定法は、収益還元法だけ
     不動産の鑑定理論を知り、時価を予測する
     未来の価格は、今の価値ではない
第3章  究極の資産家へのシナリオ
  • 無形資産は有形資産に勝る
     不動産とお金の資産価値を疑ってみる
     過激な相続税の課税システム
     お金に価値はあるのか?
     円の信用は何が支えているのか?
     国家が強くなければ、国民の財産も命も守れない
     資産家への最短距離は「略奪」と「殺戮」が世界標準
     日本は略奪国家か?
     驚嘆すべき日本の教育至上主義(「米百俵」の精神)
     何もないと何も創造できないのか?
     数千年も承継されてきた知的資産
     大震災で威力を発揮した「ソーシャル・キャピタル」
     国家の「団結力」は、宝の資産
     知的資産とインテリジェンスは人に宿る
     日本語の言語体系は、知的資産
     教育環境や鉄道のインフラも、簿外資産
     時間は資産であり、経営資源
     愚民化の罠
     世界は知的資産へシフトする
     正しい財産形成の前提条件
     財産形成のシナリオには適切な段階がある
     投機性の高い投資で勝つ人は、インサイダーだけ
     何もない人は、知的資産に集中せよ
     何事も段取りと順番が大切
第4章  理想のバランスシートとは?
  • お金の歴史を考える
     通貨制度など虚構に過ぎない
     多様化する資産は「諸行無常」
     物づくりと創造力こそ知的資産
     無形資産の時代へ
     お金は天下の回りもの
     資産家が資産家であり続ける条件は厳しい
     「お金」と「身分」は関係ない
  • お金の心配から自由になるために
     日本人はすでにお金持ち
     戦後の教育が破壊した、日本人の資産
     真の資産家へ
おわりに

購入する

出版物一覧へ戻る