セミナーのご案内
山崎隆のニコマコス倶楽部
鉄道の歴史からたどる山崎隆の都市文明講座
山崎隆の不動産と相続の教養講座
山崎隆のハッピー・リッチCafe
山崎隆の虚実妄言
財営コンサルティング株式会社
〒101-0047
東京都千代田区内神田3-24-4-901
TEL:03-5289-8861 FAX:03-5289-8862

書籍・DVD

出版物一覧へ戻る

やってはいけない相続税対策と遺産分割

やってはいけない相続税対策と遺産分割ファーストプレス 2013年刊 定価 1,500円+税
*本書のご購入は、アマゾン(amazon.co.jp)にて承っております。

内容説明
「知識」の正しい活用法
生前贈与
配偶者特例
養子縁組
債務控除
アパート建築
法人
遺言書
遺言信託
成年後見制度
生命保険
銀行主導の相続対策は間違いだらけだった?!
相続の現場を知りつくした著者がホンネで指南する

購入する

はじめに (PDFファイルでご覧いただけます。)
目次
第1章  相続と相続税の基礎知識
  • 誰も知らない相続の本質
     すべての人は相続問題から逃れられない
     債務も相続することに注意
  • 効果のある相続対策に欠かせない、3つのポイント
     ①分割対策、納税対策、節税対策だけでは財産を守れない 
     ②相続税の有無と大きさによって対策の優先順位が変わる
     ③遺言書より遺産分割協議書が決め手
  • 相続手続きは時間との闘い。
    財産を貰うか否か、短期間に迫られる2つの判断

     ①3カ月以内に相続放棄すべきか否かの判断が必要 
     ②相続は、何の手続きをしなくても自動的に開始される 
     債務から逃れる「限定承認」は簡単にできない 
     「単純承認」か「相続放棄」かの二者択一が現実 
  • 誰でもできる相続税の計算方法
     財産の総額と法定相続人の数で税額は決まる 
     納税額は、3つのステップで計算する 
     二次相続も想定して分割方法と相続税額を考えよう
  • 相続財産の金銭的な価値を割り出す方法
     「時価」で評価するのが基本 
     土地の時価にはさまざまな種類がある 
     法規的には建築できない土地も課税対象になる 
     利用制限のある土地は評価が下がる
  • 贈与税は、相続前に財産をもらった人が払う税金
     いくら夫婦でも、親子間でも贈与税はかかる  
     毎年110万円の基礎控除を使える「暦年課税」 
     配偶者への居住用財産の贈与は2000万円まで非課税 
     贈与税ゼロで2500万円の財産を子や孫に移転できる「相続時精算課税」
     期間限定の特例に注意:「住宅取得資金等の贈与税の非課税制度」など
     教育資金なら1500万円まで非課税で贈与できる特例も 
  • 現金化が鍵を握る納税対策
     現金一括払いが原則  
     「延納」は国への借金 
     「物納」は実質的に困難
  • 相続争いを防ぐ分割対策
     親が生きているうちに遺産分割案をまとめておく 
     生前に「相続税の申告書」を想定して準備しておこう 
     「とりあえず配偶者に……」は禁物
     「共有」より「代償分割」が望ましい
     「寄与分」と「特別受益者」に配慮する
     遺言書が "争族"の原因になることもある
  • 本当に有効な遺言書の書き方
     残すなら公正証書遺言がベスト 
     有効な遺言書は法律で決まっている 
     「遺留分」に気をつける
     遺贈には2つの方法がある
     「死因贈与」は贈与税ではなく相続税の対象 
  • 問題を複雑にする「債務の相続」
     債務が相続破綻の危険性を増幅する 
     連帯保証は一番危険な簿外債務 
     デフレ時代の借金の怖さを知る 
     財産の内訳は時価会計のバランスシートでチェックする 
     債務を甘く見るとあっという間に財産は消滅する 
第2章  相続対策の実務と応用
  • 最強の相続税対策を立てる秘訣
     予備知識として相続関連業界の利益構造を知っておく 
     広くて深い相続対策の真髄 
     相続税対策のポイントは「シンプル・イズ・ベスト」 
     正しい相続対策のガイドライン
  • 「生前贈与」を活用する
     メリット:基礎控除額まで無税で贈与でき、相続財産を減らせる 
     デメリット:生前贈与はドラ息子を育てる 
     正しい活用法:生命保険の保険料の生前贈与なら無難
  • 配偶者に対する各種特例を活用する
     メリット: 配偶者への居住用財産の贈与は2000万円まで
     デメリット:権利関係が複雑化しトラブルの元に 
     正しい活用法:二次相続までのシナリオを作ればOK 
  • 「養子縁組」を活用する
     メリット:法定相続人が増えて相続税の基礎控除が大きくなる 
     デメリット:養子縁組は分割トラブルの温床 
     正しい活用法:節税よりも分割対策に使う 
  • 借金による「債務控除」を活用する
     メリット:相続税の課税価格が圧縮される 
     デメリット:債務超過の危険が増す 
     正しい活用法:自己資本で投資をする 
  • 「アパート建築」による貸家建付地の評価減を活用する
     メリット:更地にアパートを建てると相続税評価を下げられる 
     デメリット:アパート建築で不良資産を作るおそれ 
     正しい活用法: 相続対策で賃貸経営をしたいなら、1戸建て・タウンハウス・分譲タイプがいい 
  • 収益用不動産への「資産組み換え」を行う
     メリット: 入居者付きのマンションを購入すれば収益性と換金性が高まる 
     デメリット:物件選びを間違えると不良資産に変わってしまうおそれ 
     正しい活用法:換金性の高い収益用不動産を厳選する 
  • 不良資産を優良資産に換える
     「借地・底地」を整理する 
     「広大地」を開発する 
     悪条件の土地を改善する 
  • 「法人」を活用する
     メリット:個人資産を法人化して節税と遺産分割対策の一石二鳥 
     デメリット:法人の維持費がかかり過ぎることも 
     正しい活用法:経営的な視点を持つことが大切 
  • 「遺言書」を活用する
     メリット:遺産分割がスムーズに進む? 
     デメリット:不完全な遺言書はトラブルの元になる 
     正しい活用法:法定相続人以外への遺贈には有効 
  • 「遺言信託」を活用する
     メリット:信託銀行に遺言執行の手続きを任せることができる 
     デメリット:利益相反する利害関係者に中立的な判断は不可能 
     正しい活用法:弁護士など真の第三者に執行を任せるべき 
  • 「後見制度」を活用する
     メリット:親の判断能力が衰えたときのサポートになる 
     デメリット:後見制度は認定が難しい 
     正しい活用法:「民事信託」を活用する 
  • 「生命保険」を活用する
     メリット:生命保険は「時間を買う」効果がある 
     デメリット:税務と法務にかかわる高度な知識が必要 
     正しい活用法:目的に合わせて4つのプランを駆使する
第3章  真の相続税対策とは?
  • 真の相続対策とは祖父母、親子、孫三世代の人生設計
     テクニカルな節税法は時代や状況の変化に耐えられない 
     「相続税対策」とは、すなわち「財産の経営学」=バランスシートの設計 
     お金をザクザク生む「打ち出の小槌」を持つ
おわりに
用語集

購入する

出版物一覧へ戻る